ボッシュ ソフトウェア イノベーションズ
ソフトウェアイノベーション
IoTホットポット
2018年6月15日 | 東京

IoTホットポット:IoT展開を成功へと導くレシピ

ボッシュソフトウェアイノベーション、2018アジア太平洋ロードショー
講演資料のダウンロード Download speakers' slides

2018年6月15日 | 東京

日本で開催されるIoTホットポットデイに皆様をご招待します。IoTホットポット東京は、ボッシュソフトウェアイノベーションズ2018アジア太平洋ロードショーの一部で、IoTソフトウェアのプラットフォームやソリューションの紹介に特化したイベントです。このロードショーの対象範囲は日本、シンガポール、中国です。IoTが可能にする新しいビジネスモデルを設計するためのアイデアを紹介しすると共に、IoTの組み込みを成功させるため十分にテストされたレシピもご紹介します。


IoTホットポットデイの詳細:
日付:2018年6月15日
時間:13:00~19:00
場所:ボッシュ株式会社、渋谷本社1階のボッシュカフェ
所在地: 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7

当社はこのイベントに参加できますか?

このイベントは、以下の会社が対象です。

  • IoTを利用したビジネスの変革やデジタル化をお考えの会社
  • 既にIoTプロジェクトを実施中の会社
  • 顧客向けのIoTソリューションを開発し提供している会社
  • IoTを可能にするハードウェアのメーカー


イベントスケジュールをPDFでダウンロード

13:00 ~ 13:30 | 来場登録

来場登録

13:30 ~ 13:40 | キッチン

歓迎のあいさつとIoTホットポットイベントの紹介

フェルナンド ニシャーンタ

ボッシュソフトウェアイノベーション、日本営業部長

13:40 ~ 14:05 | クックブック

IoTベースの新ビジネスモデルを設計するための手引き

Thomas Jakob

ボッシュソフトウェアイノベーション、アジア太平洋地域代表

ザンクトガレン大学及びインダストリアル・インターネット・コンソーシアムとの共同開発による「IoT Business Model Builder」をベースにIoTビジネスモデルを設計する際の主な原則について学びます。この効果的な手法を集めたセットは、インスピレーションを得ることからガイダンスの提供、さらには組み立てまで、新しいIoTビジネスチャンスのアイデア作りから立ち上げまでの全体をサポートします。

14:05 ~ 14:30 | 調理器具

作る料理に適した鍋を選びましょう:IoTとブロックチェーンが可能にする新しいビジネスモデル

Timo Gessmann

ザンクトガレン大学とチューリッヒ工科大学(ETH)、ボッシュの共同プロジェクト「ボッシュIoTラボ」のディレクター

IoTソリューションの多くでは、様々なデバイス、資産、データ、及びプロセスを複数の関係者から入手して組み合わせる必要があります。その方程式にブロックチェーンとスマートコントラクトを加えることで、信頼できるマルチパートナーソリューションを容易に実現できます。このプレゼンテーションで、ティモは一般概念を説明したあと、IoTとブロックチェーンのテクノロジーを融合させた具体的かつ現実的なユースケースを紹介します。

14:30 ~ 15:05 | 料理の材料

ボッシュIoTスイートのサービス:IoTプロジェクト用の材料を選びましょう

Dimitar Valtchev

ボッシュソフトウェアイノベーション、技術担当副社長

IoTプロジェクトには、センサーやソフトウェア、サービスのための、柔軟性のあるオープンなプラットフォームが求められます。ボッシュIoTスイートには、IoTやクロスドメインアプリケーションの新しいビジネスモデルを構築するためにミドルウェアが持つべきすべての機能が用意されています。ディミターは、アクセス権限の割り当てからリモートアップデートの実行まで、IoTデベロッパーの様々なニーズに対応するサービスの概要を説明します。

15:05 ~ 15:20 | コーヒーブレーク

コーヒーブレーク

15:20 ~ 15:50 | スマート農業のレシピ

パート1. IoT農家:農業を活性化するIoT

Thomas Herrmann

ボッシュソフトウェアイノベーション、セールス&マーケティング担当副社長

この興味深い現実世界のIoT活用事例集は、アジア太平洋地域や世界中の農家がIoT技術をどのように取り入れているかを見せてくれます。プラントの病害予防から局所気候センシングシステム、コネクテッド収穫機まで、IoTは農業全体をよりスマートで効率的なものにしていきます。

パート2.ライブデモ:プランテクトのハウス栽培農家向けソリューション

鈴木 涼祐

ボッシュ(株)、FUJIプロジェクトリーダー

2017年グッドデザイン賞を受賞したボッシュの 「Plantect™(プランテクト)」ソリューションによるハウス農家向けの周辺監視と高精度病害予測の様子をリアルタイムで見てみましょう。

15:50 ~ 16:20 | コネクテッドビルディングのレシピ

パート1.壁に語らせる:コネクテッドビルディングソリューションとそのユースケース

Thomas Jakob

ボッシュソフトウェアイノベーション、アジア太平洋地域代表

デジタル化は、商業ビル内の職場環境に目に見えるインパクトを与えています。このような建築物は、その管理がますます容易になる一方で、さらなるパワーアップやエネルギー効率の向上が必要とされます。このプレゼンテーションでは、ビルのコネクティビティを実現する方法や、ビルと人との意思疎通の方法について説明します。スペースマネジメントをはじめ、照明品質や空気汚染度の監視など、様々なビル環境にIoTがもたらす機能について学びます。

パート2.ライブデモ:ボッシュのバーチャルキャンパス

実例によるデモを通じて、ドイツ、インメンシュタアートにあるボッシュソフトウェアイノベーションズのキャンパスでコネクテッドビルディングの機能がどのように実現されたかをお見せします。

16:20 ~ 17:05 | ビッグデータのレシピ

パート1. IoTデータのマネジメント:闇夜の鉄砲(当て推量)から、十分な情報に基づく意思決定へ

Thomas Herrmann

ボッシュソフトウェアイノベーション、セールス&マーケティング担当副社長

地理的に分散した大量のIoTデバイスデータを扱う場合、データを収集するだけではなく、得られたデータをデコードし、空白部分を埋め、保存し、自分にとって意味のあるデータにしていくためのソリューションが必要になります。このようなソリューションの実例となるユースケースは自動車産業にあり、メーカーは車からの大量のデータを処理して製品開発の改善を図っています。

パート2.ライブデモ:Systematic Field Data Explorer(sFDE)の実演

レースカーモデルから出力されるデータをボッシュのsFDEソリューションがシンプルかつ効果的に処理する様子をリア

17:05 ~ 17:25 | 産業用IoTのレシピ

ボッシュ栃木工場における予知保全

フェルナンド ニシャーンタ

ボッシュソフトウェアイノベーション、日本営業部長

栃木県那須塩原市にあるボッシュの自動車部品工場の生産管理部門では、資産状態の監視を行うことで生産工程の最適化を図っており、これについて学びます。

17:25 ~ 19:00 | ビール、サンドイッチ、ネットワーキング

ぜひ、有名なボッシュ1886カフェで行われるインフォーマルなネットワーキングセッションにご参加ください。美味しい料理もご用意しています。

Thomas Jakob

アジア太平洋地域担当社長です| Bosch Software Innovations

トーマス・ヤコブ(Thomas Jakob)は、ボッシュ・グループのソフトウェア部門であるボッシュ・ソフトウェア・イノベーション(Bosch Software Innovations)のアジア太平洋地域担当社長です。 トーマスは2012年以来、住宅、高層ビル、スマートシティ、製造、輸送、農業などのさまざまな分野にIoTソリューションを提供している同社の地域チームを率いています。

トーマスは2012年以来、同社のアジアチームを率いて住宅、高層ビル、スマートシティ、製造、輸送、農業などのさまざまな分野にIoT(Internet-of-Things)ソリューションを提供しています。

トーマスは、ヨーロッパ、アジアのICT業界で25年以上の経験を持ち、経営、マーケティング、財務、ビジネス開発の各分野で豊富な経験を持っており、Boschに入社する前はハイテク業界にて戦略アドバイスを提供するコンサルティング会社を経営し、T-Systemsの地域最高経営責任者(CEO)を務め、アジア太平洋地域ではドイツテレコム(Deutsche Telekom)、ヨーロッパではヒューレット・パッカード(Hewlett Packard)、やノーテル(Nortel)に勤務しました。

トーマスは、ドイツディーブルクの専門大学(University of Applied Sciences in Dieburg)にて修士号、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス(Booth School of Business)にてMBAを取得しています。

Thomas Jakob

Timo Gessmann

ボッシュIoT研究所所長(Director, Bosch IoT Lab)

ティモ(Timo)はボッシュがザンクトガレン大学(University of St. Gallen)とチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)の協力により設立したボッシュIoT研究所の所長を務めています。2002年にBoschに入社、組み込みソフトウェア開発に従事。以来、自動車産業向けの組込みシステム開発、イノベーション、製品管理などさまざまな分野で活躍し、新たな事業分野や組織の設立にも携わってきました。 ティモはシュトゥットガルトのバーデン・ヴュルテンベルク協同州立大学(University of Stuttgart)から工学の学位を取得しています。 Bosch IoT Labは、モビリティ、スマートな生活と仕事、IoTビジネスモデル、ブロックチェーン技術に焦点を当て、IoT対応の新しいビジネス分野に取り組んでいます。

Timo Gessmann

Dr. Dimitar Valtchev

Bosch IoT Suite 製品グループヘッド、副社長 | Bosch Software Innovations

Dr. Dimitar Valtchevは、Bosch Software InnovationsのProSystの製品グループのリーダーです。ProSyst Software GmbHのCTOとして、15年以上の深い技術バックグラウンドをもっております。組み込みシステム/デバイス管理/分散コンピューティングといった分野での技術に関心をもって、ProSystの製品ポートフォリオの開発をリードしております。近年、Bosch IoT Suiteやその中のProSystコンポーネントを活用して、スマートホーム/自動車/製造業の数々のIoTプロジェクトに参加してきました。また、オープンシステムやオープンアーキテクチャの力を信じ、OSGi AllianceやHGIといった標準化団体へも積極的に参加しております。IEEEのシニアメンバーで、ソフィア技術大学において電子工学の修士、コンピュータサイエンスの修士、電気工学の博士を取得しております。

Dr. Dimitar Valtchev

Thomas Herrmann

セールス&マーケティング副社長 | Bosch Software Innovations

Thomas Herrmannは、カールスルーエ工科大学の応用科学科で、センサーシステム技術の修士を取得後、自動車の安全ソリューションのプロジェクトリーダとして1996年にボッシュグループのコーポレートリサーチ部門に入社。Bosch Automotive OEMで13年以上の間、営業、戦略的ビジネスデベロップメント、マーケティングといった様々なポジションを担当。2011年には、再生エネルギー向けのインバータ・蓄電システムのための新規事業部において、営業、製品管理、マーケティング、サービスをリードする役割を引き継ぐ。コネクテッドデバイス/ソリューションへの熱意により、2016年7月、Bosch Software Innovationsへ入社し、現在、ProSyst製品を含むBosch IoT Suiteのセールス・マーケティングを指揮している。

Thomas Herrmann

詳しく知る