ボッシュ ソフトウェア イノベーションズ
ソフトウェアイノベーション

AWSマーケットプレースへと広がるボッシュIoTスイート

26 Nov 2018 | 読了時間: 2分
Bosch ConnectedWorld Blogからの翻訳

英語版のブログ記事についての詳細は こちらです。

2018年11月、ボッシュソフトウェアイノベーションは、ボッシュIoTスイートの新サービス3種を AWSマーケットプレース(英語)に公開しました。これは、当社のマルチクラウド戦略を更に1歩進めたものです。デベロッパーの皆様は、IoTソリューションを構築したいクラウド環境から、直接このサービスに登録できます。

従来の デバイス管理、ソフトウェア更新、異常検出の各サービスに加え、次のサービスがAWSマーケットプレースで利用可能になりました。


既に850万個を超えるデバイスがボッシュIoTスイートを介して接続されています。AWSへの展開も含め、お客様がIoTソリューションを構築したいあらゆる環境でボッシュIoTスイートのサービスが利用できるようにするため、ボッシュソフトウェアイノベーションは引き続きマルチクラウド戦略を推進しています。

お客様は、ボッシュIoTスイートの段階的なサービスプランにアクセス可能です。最初は無料のトライアルからスタートし、加入後も徐々にアップグレードしていくことが可能です。使用量ベースの料金モデルによる容量の追加も可能です。

デジタルツイン、ユーザー管理、IoTデータ管理のためのサービス

Bosch IoT Things – IoTデバイス資産のマネージドインベントリー
Bosch IoT Things(英語)を使えば、IoTデバイス資産のデジタルツインを管理するためのシンプルで便利、堅牢性が高く、セキュリティの確保されたアプリケーションを実現できます。これにより、そのアプリケーションから自ドメイン内の資産に関するデータやプロパティ、関係性を保存したり更新したりすることができ、さらに何らかの変化があった場合にはすべて通知されるようにすることができます。

Bosch IoT Permissions – ユーザー管理、権限管理、テナント管理のためのマネージドサービス
Bosch IoT Permissions (英語)を使えば、認証や権限の管理も含め、ユーザー、グループ、役割、アプリケーション、テナントの個別の管理が可能になります。さらに、コンプライアンス要件に基づき、関係するすべてのアクションや許可の割り当てを管理しモニターすることが可能です。

Bosch IoT Insights – IoTデータ管理のためのマネージドサービス
Bosch IoT Insightsは、IoTデータを収集し、処理し、その後の分析用に保存するためのフルマネージドのクラウドサービスです。全体としてのIoTデータ管理は、デバイスや機能の最適化や、新しいサービスやソリューションの開発のためのベースになります。このサービスを利用し、各デバイスで生成されたデータの処理が可能です。