ボッシュ ソフトウェア イノベーションズ
ソフトウェアイノベーション

資料

CEATEC JAPAN 2018

CEATEC 2018

ボッシュソフトウェアイノベーションはCEATEC JAPAN 2018に参加致します。IoTエリアでコネクテッドソリューションをご紹介いたします。是非A063ブーズに立ち寄ってください。

会期:2018年10月16日(火) ~ 19日(金) 午前10時~午後5時
場所:幕張メッセ、千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1

詳しく知る

IoTホットポット:IoT展開を成功へと導くレシピ

2018年6月IoTホットポット東京の プレゼンテーション資料をダウンロード

IoTホットポット東京は、ボッシュソフトウェアイノベーションズ2018アジア太平洋ロードショーの一部で、IoTソフトウェアのプラットフォームやソリューションの紹介に特化したイベントです。このロードショーの対象範囲は日本、シンガポール、中国です。IoTが可能にする新しいビジネスモデルを設計するためのアイデアを紹介しすると共に、IoTの組み込みを成功させるため十分にテストされたレシピもご紹介します。

IoTホットポット東京の プレゼンテーション資料をダウンロード

詳しく知る

IoTデータ管理今後のプロジェクトのための12のヒント

上手なIoTデータ管理のための12のヒント

自動車産業のIoTデータ管理プロジェクトを通じて得られたボッシュの理解

ホワイトペーパーを読む

IoT向けクラウドサービスを補完するエッジコンピューティング

Edge Computing

モノのインターネットに関するボッシュソフトウェアイノベーションのホワイトぺーパー・シリーズ

エッジコンピューティングのホワイトペーパーをダウンロード

IoTのデバイス管理に関するホワイトペーパー

IoTのデバイスライフサイクル管理の成功への手引き

IoTのデバイスライフサイクル管理の成功への手引き. IoTのデバイス管理に関するホワイトペーパー.

ホワイトペーパーをダウンロード

Bosch IoT Suite:すべての分野で使える包括的なオープンIoTプラットフォーム

Bosch IoT Suite 4 pager cover page

ボッシュソフトウェアイノベーションズは、10年近くにわたり、モノのインターネット(IoT)の世界に積極的に取り組んできました。その間、当社はモビリティ、スマートシティ、エネルギー、製造業、農業、健康産業、さらにはスマートホームやスマートビルディングの分野で250を超える世界中のIoTプロジェクトにかかわり、その設計、開発、運用を手がけてきました。

当社のビジョンは、「あらゆるモノをつなぐ(We connect everyThing)」ことにあります。ボッシュIoTスイートは、お客様や企業システムを既に620万個を超える膨大な数のセンサーやデバイス、マシン等につなげており、その分野はアスパラガスの農場から溶接ロボット、スマートホームの玄関口から貨物列車、エレベーターからEV充電ステーションまで、あらゆる分野に及んでいます。

パンフレットをダウンロード

食品小売業界でのIoTについての詳細

食品小売業界でのIoTについての詳細

小売業のIoTはとても重要なテーマです。小売業全体に当てはまることは、特に食品小売業に当てはまります。コストと顧客満足度を改善するため、小売業者の多くはIoTユースケースを利用して、コスト効率や店内のショッピング体験を改善できると考えています。このため、店舗のデジタル化とスマートプロセスの導入に関心が高まっています。ここでは、食品小売業界の現在のデジタル化の動向、そして最新のIoT技術を利用して利益を得る方法について説明します。

ブログ投稿を読む

食品小売業におけるIoTの4つのユースケース

食品小売業におけるIoTの4つのユースケース

デジタル化とIoTについて、食品小売業には多様なニーズがあることを以前のブログ記事に書きました。デジタル化の課題について食品小売業の方々と話し合ったところ、IoTからどのような利益を得られるのかについて、みなさんの考えが見えてきました。顧客満足度とコスト効率の向上を目的として、利用できそうなユースケースをみなさんと考え、評価してみました。その内容をご紹介します。

ブログ投稿を読む

IoTデータ管理:プロジェクトの進め方ガイド

IoTデータ管理:プロジェクトの進め方ガイド

会社が好ましい結果を出せば、おそらくお客様の満足が得られることでしょう。しかし、引き続きお客様のニーズを満たし続けていくためには、その製品やサービスがどのように使われているかを理解することが不可欠です。デジタル化の進歩を考えるとき、製品開発におけるIoTデータ管理の役割は極めて重要です。すなわち、このようなIoTデータを通じて、その製品が実際にはどのように利用されているのかが分かります。次に、その製品の弱点を素早く見つけたり、顧客のニーズをより深く把握したり、さらにはその結果に基づいて製品のカスタム設計を行ったりすることが可能になります。

ブログ投稿を読む

SMIGHT: IoTプラットフォームで会社を変革

SMIGHT

ビジネスのやり方を変革し、それまでの定着したプロセスの殻を破って抜け出すことは、時として非常に乗り越え難いチャレンジであり、何千人もの従業員をかかえる大企業の場合はなおさらです。ラルフ・ラピュー氏には、この問題がとてもよく分かっています。彼は、ドイツのエネルギー供給会社EnBW社のマイクロビジネスユニットであるSMIGHT社で、ITプロジェクトのリーダーを務めています。新規事業の1つとして設立されたSMIGHT社は、スマートシティやスマートグリッド向けのコネクテッド製品を開発しています。SMIGHT社はこのプロセスを通じてEnBW社の変革にもかかわっています。

ブログ投稿を読む

AWSマーケットプレースへと広がるボッシュIoTスイート

AWS

2018年11月、ボッシュソフトウェアイノベーションは、ボッシュIoTスイートの新サービス3種をAWSマーケットプレースに公開しました。これは、当社のマルチクラウド戦略を更に1歩進めたものです。デベロッパーの皆様は、IoTソリューションを構築したいクラウド環境から、直接このサービスに登録できます。

ブログ投稿を読む

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの簡単な歴史

Edge Computing

IoTの世界では、エッジコンピューティングがますます幅広く支持されてきています。これは2018年のトップ技術トレンドの1つで、次世代デジタルビジネスの基礎を固めるものでした。またこれと並行して、データが大量なことや計算リソースの最適化の必要性から、データをクラウドへと送る傾向がますます高まっていることも分かります。

ブログ投稿を読む

IoTでエッジコンピューティングを利用する理由

Edge Computing

デジタルデバイスが生成するデータは爆発的に増加しています。すべてのデータをクラウドで処理して保存する従来型のモデルはコストがかかりすぎ、多くの場合、遅すぎてエンドユーザーの要求に応えられなくなりつつあります。そのため、デバイスデータをその発生源に近い場所で処理するエッジコンピューティングの考え方が生まれました。

ブログ投稿を読む

エッジコンピューティング・ソリューションの技術的能力

Technical capabilities for Edge Computing

前の記事で、エッジコンピューティングを使用してIoTデバイスデータの処理をエッジゲートウェイのデータ発生源の近くで行うメリットについてご説明しました。 ネットワーク遅延を最小限に抑える必要があり、自律的動作が要求され、セキュリティとプライバシーにローカルで対処する必要のあるIoTアプリケーションにとって、エッジコンピューティングは最適です。 また、エッジコンピューティングはコストを削減できます。ネットワーク経由で送信されクラウドプラットフォームで保存・処理されるデータ量が減少します。

ブログ投稿を読む

農業分野のIoTデータを最大限に活用する方法

How to make most of IoT data

マイケル・ガルメイア博士は、自走式サトウダイコン収穫機で世界第一位のメーカーである ホルマー社の研究開発部門のトップです。ガルメイア氏によれば、農業機械メーカーは現在、2つの大きな課題に直面しています。「ますます増加する市場の要求を満たすため、農業機械は複雑化の一途をたどっています。ところが、それと同時に、機械の使いやすさは以前から変わっていないのです。そのことをお客様には知っていただきたいと思います」ホルマー社は、まさにこのような2つの課題に応えるソリューションを開発しました。EasyHelp 4.0は、ボッシュのIoTテクノロジーをベースにしてハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合した、リモート診断とリモート保守のパッケージです。

ブログ投稿を読む

ボッシュがIoTデータ管理サービスを開始

sFDE

ボッシュIoTスイートの新サービス、ボッシュIoTインサイトをご紹介します。 ボッシュIoTインサイトは、IoTデータ管理のあらゆるニーズに応えるものです。お客様がこのデータを活用することで、デバイスやその機能の最適化ができるほか、新しいサービスやソリューションの開発も可能になります。このサービスは5年間にわたるIoTデータ管理プロジェクトの経験をもとに構築されており、全世界で25件のお客様のプロジェクトがこのサービスを利用しています。

ブログ投稿を読む

コネクテッドライティング分野のスマートオフィスソリューション

Smart office solutions

今日の最先端技術では、センサー技術で人の存在を検知し、ソフトウェアで照明を制御します。スマートオフィスは広く普及しています。ボッシュソフトウェアイノベーションとズムトベルは、ビルディングプロジェクトや照明プロジェクトで2015年からの協力関係にあります。このブログでは、これらプロジェクトを通じて両社が共有した経験を浮き彫りにしています。

ブログ投稿を読む

IoTにおけるデジタルツイン入門

digital twin

IoTの出現を契機に、「デジタルツイン」のコンセプトにはこれまでになく強い関心が集まっています。たとえば、 調査会社であるガートナーの2017年の記事では、 「今後5年間及びそれ以降にますます幅広く、かつ深い影響を及ぼす破壊的トレンド」とされています。このコンセプトとは、どのようなものでしょうか?

ブログ投稿を読む

IoTにおけるソフトウェアの更新(SOTA入門)

SOTA

今の私たちは、スマートフォンのソフトウェアをアップデート(更新)するプロセスについてはよく知っています。そして、私たちはメーカーに対し、オペレーティングシステム(OS)が常に最新状態に維持されることを期待しています。また一方、アプリケーションのデベロッパーに対しても、そのアプリケーションについて同様のことを期待しています。さらに、ソフトウェアの更新は容易であるべきで、せいぜい単にボタンを1回押すだけで終わることが望まれます。それでは、IoTデバイスの場合にそうならない理由は何でしょうか。ここでは、IoTでの無線によるソフトウェア更新について見てみましょう。

ブログ投稿を読む

IoTにおけるソフトウェア更新のマネジメント

Manage software updates

更新プロセスをバックエンドの視点から見れば、ソフトウェア更新はドメインへの依存性が比較的小さいオペレーションだということがすぐ分かります。

ブログ投稿を読む

スマートビルディングプロジェクトの始め方

Connected building

モノのインターネット(IoT)は商業ビルでの利用へと進みつつあり、このためデータの所有権、考えられるユースケース、データ伝送等の問題が浮かび上がってきています。スマートビルディングのプロジェクトからは、どのような利益が生まれるのでしょうか?クラウド上でビルのデータを集めることの利点は何でしょうか?また、実際にデータを所有するのは誰になるのでしょうか?

ブログ投稿を読む

ボッシュのデバイス管理が、再び「クラス最高」の評価を獲得

PAC report

ヨーロッパのデバイス管理用IoTプラットフォームに関する最新のPACレポートをお読みください。

ブログ投稿を読む

ファーウェイ・クラウド上でボッシュIoTスイートのサービスを開始

Huawei Cloud

ボッシュソフトウェアイノベーションとファーウェイは、中国における「モノのインターネット(IoT)」の発展を加速させるため、ファーウェイ・クラウド上でのボッシュIoTスイートのサービスで両社が提携したことを発表しました。

ブログ投稿を読む

Bosch IoT Remote Manager、リリース7.0の販売を開始しました

Remote Manager

Bosch IoT Remote Managerに標準装備のデバイス接続機能が拡張され、HTTP/RESTやMQTTベースのプロトコルに対応可能となりました。

ブログ投稿を読む

ボッシュIoTスイートデバイス管理のケーススタディ

QIVICON

ボッシュのIoTデバイス管理を採用したQIVICONスマートホームプラットフォーム

ブログ投稿を読む

顧客事例: フィルターのIoTデバイス管理

Mann+Hummel

フィルター製品の業界リーダーであるMANN+HUMMEL社では、クリーニング技術のスマート化に向けた新しい取り組みに投資しています。 

ブログ投稿を読む

IoTデバイス管理に関する8つの事例

Connected Logistics

農業からコネクテッドロジスティクス、コネクテッドモビリティまで、IoTデバイス管理には多くの応用分野があります。

ブログ投稿を読む

農業分野のIoT、牡蠣からリンゴまで

The Yield

オーストラリアのAgTech社では、同社の農業IoTソリューションに、Microsoft Azure上で動作するボッシュのIoTリモートマネージャーを使っています。

ブログ投稿を読む

ボッシュIoTスイート、現在AWS Marketplaceにて公開中

AWS

デバイス管理や無線によるソフトウェアアップデート、IoT分析のための各種サービスが、AWS Marketplaceから直接申し込めるようになりました。

ブログ投稿を読む

IoTデータ管理の上位4つのメリット

IoT

IoTデータ管理により様々な利用パターンを発見でき、最適なコネクテッド製品を生み出せるようになります。

ブログ投稿を読む

農家がIoTを利用して病害を防止する方法

Plantect

日本の農家では、農作物の病害を防ぐための監視と病害予測システムを利用しています。

ブログ投稿を読む