ボッシュ ソフトウェア イノベーションズ
ソフトウェアイノベーション
ボッシュIoTスイートデバイス管理のケーススタディ

ボッシュのIoTデバイス管理を採用したQIVICONスマートホームプラットフォーム

23 Nov 2017 | 読了時間: 2分
Bosch ConnectedWorld Blogからの翻訳

英語版のブログ記事についての詳細は こちらです。

QIVICONプラットフォームによって、異なるブランドのさまざまなスマートホームデバイスが技術的に1つに統合されます。

ボッシュソフトウェアイノベーションズのIoTソフトウェアを基盤とするQIVICONプラットフォーム 。

シンプルかつ信頼性の高いデバイス管理。機能はブランドやデバイスとは関係なく組み合わせることができます。

団体

QIVICONは、ドイツテレコムが立ち上げた大手企業による業界団体で、誰でもスマートホームを利用できるようにすること、つまり、メーカーを越え、すべてを単一のプラットフォームで利用できるようにすることを目指しています。

対象市場

QIVICONは、スマートホームに多様性をもたらします。パートナーには、エネルギーサービス事業者、家電製品や住宅およびガーデン用設備のメーカー、通信事業者、セキュリティソリューションサービス事業者などが参加しています。

使用製品

包括的な利用:バックエンドにボッシュIoTリモートマネージャー、QIVICON Home BaseとすべてのスマートTelekomルーターにボッシュIoTゲートウェイソフトウェア、プラグインの開発にボッシュIoTゲートウェイソフトウェア開発キット(SDK)を利用しています。

「住宅をネットワーク化するためには、さまざまなメーカーのデバイスを連携できることが必要不可欠です。そこで、多様なプロトコルを使用してデバイスを簡単かつ安全に接続できる柔軟なソフトウェアソリューションが必要になります」。

Thomas Rockmann, Connected Home Deutsche Telekom

ドイツテレコムが提供するスマートホーム向けホワイトレーベル製品のラインナップ

deutsche telekom Icon lens
出典: Deutsche Telekom

ドイツテレコムのスマートホーム向けホワイトレーベル製品群は、最初にドイツで発売され、その後、他のヨーロッパ諸国に提供されるようになりました。このドイツテレコムのスマートホーム向けホワイトレーベル製品群はオープンかつ安全なスマートホームプラットフォームであるQIVICON、ならびに、スマートホームゲートウェイ、アプリ、デバイス、サービスから構成されます。このスマートホーム製品群を利用することで、さまざまな分野の企業が自社ブランドのスマートホームソリューションによってコアビジネスを素早く効率的に拡大できます。

ボッシュIoTリモートマネージャーによるデバイスの遠隔制御

ドイツテレコムは、QIVICONプラットフォームの設定にボッシュソフトウェアイノベーションズのデバイス管理ソフトウェアの採用を選択しました。

当社のリモートマネージャーは、すべての一般的なデバイス管理プロトコルに対応しており、設定も不要です。このソリューションを利用することで、ゲートウェイ、センサー、デバイスの遠隔からの管理、設定、監視、更新、診断、利用が可能になります。この目的を達成するために、中核を担うのがボッシュソフトウェアイノベーションズが提供するデバイス管理スイートの以下のソフトウェア機能です。

  • QIVICON Home BaseとSpeedport Smartのバックエンドへの接続とイベントデータの送信
  • QIVICON Home BaseとSpeedport Smartの遠隔からの設定と監視
  • デバイスの遠隔制御とファームウェアの更新
  • アプリケーションのライフサイクル管理:QIVICONアプリケーションの初期導入と更新

ボッシュIoTゲートウェイソフトウェアを使用したデバイスの接続

deutsche telekom_Router Icon lens
QIVICON Home BaseとSpeedport Smartはどちらも、設定なしでスマートホーム機能が利用できます。| 出典: Deutsche Telekom

QIVICON Home BaseがボッシュソフトウェアイノベーションズのIoTゲートウェイソフトウェアを基盤としているのと同様に、Speedport Smartにも採用されています。ボッシュIoTゲートウェイソフトウェアは、スマートホーム、インダストリー4.0、コネクテッドカーなどのさまざまな用途で、世界的に実績のあるソリューションです。このゲートウェイソフトウェアは、オープンスタンダードに準拠して数多くの通信プロトコルを標準サポートしているため、メーカーを問わずデバイスをQIVICON Home BaseおよびSpeedport Smartに効率的に接続できます。

ボッシュIoTゲートウェイSDKを使ったシンプルなプラグイン開発

パートナー企業や開発者は、ボッシュIoTスイートを基盤とし、QIVICONから提供されるソフトウェア開発キット(SDK)によって新しいQIVICONプラグインを簡単かつ安全に開発できます。

IoTデバイス管理に関する詳細情報